茶畑紹介

坪林の茶畑

茶畑 茶畑 茶畑 茶畑
茶畑 茶畑 茶畑 茶畑

坪林の茶畑は標高200m前後から700m付近までありますが、おしいお茶が作られる場所には共通点があります。畑の上部に原生林が広がっていること。もう一つは渓谷沿いの茶畑。このような場所は日中霧が出やすく、夏場の乾燥にも強いのが特徴。渓谷の冷たい水辺に広がる茶畑から作られるお茶には高山気を感じるものもあります。

生産の様子

家族総出でお茶を作ります

茶葉生産 茶葉生産 茶葉生産 茶葉生産
茶葉生産 茶葉生産 茶葉生産 茶葉生産
茶葉生産 茶葉生産 茶葉生産 茶葉生産
茶葉生産 茶葉生産 茶葉生産 茶葉生産

文山包種茶は早朝から茶摘みを開始して、日光萎凋、室内萎凋と翌日朝まで萎凋作業が続きます。翌日午前中、茶摘み部隊が出かけている間に、殺菁、揉捻、乾燥作業を行います。出来上がったお茶は、手の空いている人が製茶し、最終乾燥となります。この無限連鎖の作業が製茶シーズン中毎日続きます。唯一の休息日は雨の日だけ。家族総出で作業を行わないと、文山包種茶は作れないのです。

このホームページで使用している写真、文章などに関して著作権は管理人に属しており、管理人に無断で使用することは固くお断りいたします。著作権に関するお問い合わせはメールフォームよりお願いします。