蘇茶師めざましテレビ出演

恭喜!恭喜!蘇文松茶師 めざましテレビ出演!

2006年4月6日木曜日「蘇茶師一家」フジテレビに出演!

毎年恒例の製茶実習でお世話になっている蘇茶師一家がフジテレビ系列で全国放映されました。
めざましテレビ「ワールドキャラバン」の「ありがとう」でつなぐ気持ちを日本から台湾へお届けするという企画。
茶楽教室の「石井見世子」さんから、台湾坪林「蘇文松」茶師一家へ「佐瀬学」さんが手紙を届けてくれました。新人俳優の「佐瀬学」さんは今回の企画で全国デビューをしたそうです。

茶楽教室でお世話になっている千葉県緑区土気「茶楽」店長のはなちゃんには休日にお店を開けてもらいロケ敢行、ガヤガヤを東京分室の準備をしているYさん、土気教室のOさんとYさんにお願いしました。
見世ちゃんが昨年の製茶実習で自作したお茶を淹れて楽しんでいました。
「茶楽」さん、本当にお世話になりました。

台湾ロケは2日間かけて行いました。茶園の撮影はあいにくの雨でしたが、茶摘の撮影は快天に恵まれました。

蘇文松茶師といえば恒例の「お食事」です。台湾では「呷飽没」(食事しましたか?)がご挨拶になるほど、食事は大切な行事。佐瀬学さんはいきなり「雀蜂酒」で干杯(乾杯と同じ意味ですが、一気に飲み干します)してしまいその酒の強さに(58度)NG。野猪の炒め物や裏の畑で取れた野菜を堪能してもらいました。我々も干杯で気持ちよくなってしまいました。まだ、ぎこちなさが目立つ佐瀬学君ですが、撮影が進むに連れ「さすがプロ」の顔つきになってきました。これからの活躍、皆さんで応援しましょう。

蘇文松茶師より文山包種茶のつくり方を指導してもらい、実際に茶摘体験をしました。
撮影の合った時期はまだまだ茶摘には早い時期でしたが、自家用のお茶をつくるために茶畑の一角だけ新芽が延びていました。金萱種の茶樹は茶摘しやすい種類なのでラッキー、でも蘇文松茶師のスピードには誰も追いつけませんでした。
最後は河原で「石井さんからの手紙」を披露するシーン、途中で蘇文松茶師の携帯がなりだすハプニングがあったりしましたが無事終了。

日本で1日、台湾で2日のロケを少しの時間にまとめ上げたプロデューサーの腕に感服します。

あのシーンも、このシーンもほしかったとは思いますが、欲張りはいけませんね。
この番組をご覧になられた皆様のご感想はいかがでしたか?

今回のロケにご協力いただきました「蘇文松茶師」「台北縣農會文山茶推廣中心」「茶葉改良場文山農場」「泉京公司」「茶楽」「都賀教室」「茶楽教室」の皆様方にお礼申し上げます。

めざましテレビ撮影風景 in 日本 石井見世子さん編
茶楽教室の石井見世子さん 今回のめざましテレビには、文山包種茶製茶実習でお世話になっている蘇文松茶師だけではなく、茶楽教室の石井見世子さんも出演しました。
めざましテレビ「ワールドキャラバン」の出演は、石井さんから蘇茶師への「ありがとう」を佐瀬学さんに届けてもらうためだったんです。佐瀬学さんには石井さんの「ありがとう」をしっかりと届けて欲しいですね。
まずは石井さんの自宅にて撮影を行った後に、友達との文山包種茶を飲むシーンを茶楽教室で撮影することになりました。この辺りは3月30日の予告編で放送されましたね。
茶楽の店長はなちゃんのご好意により休日にお店を開けてもらいロケ敢行。
石井さんが文山包種茶を淹れながら、東京分室の準備をしているYさん、土気教室のOさんとYさんと一緒に飲むシーンを撮影。

カメラマンが絶妙なアングルをひろうためにいろいろな角度から、茶香好友の自慢の美女生徒さんたちを狙っています。

めざましテレビ撮影風景 in 日本
めざましテレビ撮影風景 in 日本 茶楽の明るい雰囲気の店内が美女生徒さんたちの会話を弾ませています。
石井さんの「ありがとう」を蘇茶師に届ける佐瀬学さんも、どんな映像を撮っているのか興味深々のご様子。
それとも美女生徒さんたちに興味深々なのかしら?
美女生徒さんたちを撮影している合間に、めざましテレビのプロデューサーN氏、佐瀬学さんとそのマネージャーさんと談笑
台湾と文山包種茶と蘇茶師のよさをよりよく伝えてもらうために、少しでも役に立つ情報を届けたいという気持ちは伝わったようですね。
めざましテレビ撮影風景 in 日本
めざましテレビ撮影風景 in 日本 茶楽での撮影終了。記念にパチり。
佐瀬学さんはこれから台湾へ向けて出発です。蘇茶師に「ありがとう」を届けてください。よろしくお願いします。
めざましテレビ撮影風景 in 台湾 蘇文松茶師御一家編
めざましテレビ撮影風景 in 台湾 そしていよいよ舞台は台湾。
佐瀬学さんが坪林の蘇茶師のお宅についたようです。
蘇茶師とその御一家が佐瀬学さんをあたたかく迎えてくれます。
まずは蘇茶師の文山包種茶を飲みながら、今回の訪問の理由を蘇茶師御一家にお伝えします。
折角茶郷坪林まで脚を運んだんだからということで、佐瀬学さんも製茶の体験をすることになりました。
めざましテレビ撮影風景 in 台湾
めざましテレビ撮影風景 in 台湾 一服終わった後はさっそく茶摘の体験です。蘇茶師の丁寧な指導のもと佐瀬学さんが茶摘をしていきます。時間が経つと佐瀬学さんもだいぶ上手になったのですが、とても蘇茶師のスピードにはかないません。まるで手に茶葉を見分けるセンサーがついているのでは?と思えるくらい素早く美味しい文山包種茶になる茶葉を摘んでいきます。
文山包種茶製茶実習を経験した人なら分かると思いますが、たくさん茶葉を摘んだと思えても出来上がる頃にはその茶葉の量がほんとに僅かになってしまいます。
一連の製茶作業を終えて出来たての文山包種茶を蘇茶師が佐瀬学さんの為に淹れてくれました。
淹れながら文山包種茶について熱く語ってくれています。
右端に写っている女性は通訳の方。佐瀬学さんの言葉と蘇茶師の言葉を一所懸命繋いでくれています。
めざましテレビ撮影風景 in 台湾
めざましテレビ撮影風景 in 台湾 ちょっと休憩。
佐瀬学さんを蘇茶師御一家が台湾家庭料理で歓待。
今蘇茶師が進めているのはアルコール度数58度もある特別なお酒。これを干杯(乾杯と同じ意味ですが、一気に飲み干します)。
この干杯には若い佐瀬学さんもギブアップの様子でした。

そしていよいよ蘇茶師に石井さんの「ありがとう」を伝える瞬間がやってきました。

石井さんの手紙を読む佐瀬学さん、そして聞き入る蘇茶師、手紙を受け取り、最後にはがっちりと肩を組んで「ありがとう」が伝わったことを表してました。

最後は佐瀬学さんから蘇茶師への「ありがとう」でこの台湾への「ありがとう」を伝える旅は終了になりました。

佐瀬学さんから蘇茶師へ「ありがとう」