台湾台北東呉飯店

台湾台北東呉飯店 台湾台北東呉飯店

台北東呉ホテル(Dong Wu Hotel Taipei Taiwan)、 位置は台北盆地の中心にあり、昔から大稻埕という地名で呼ばれていました。昔からの建物や老舗、電子、毛皮、家具、お茶、などの卸店が多く、交通の便もよく、ビジネスマンにとっては便利な所です。台北東呉ホテルは安全で、宿泊費も安く、設備も充実して整っています。台北にいらっしやるときには、ぜひ御利用くださいませ、お待ち申し上げます。

東吳飯店秉持『以客為尊』的理念,不斷追求品質完美,先後通過觀光局、與市政府交通局,評鑑為安全、安靜、乾淨、『三安旅館優良獎』獲頒交通部觀光局『全國優良旅館獎』獲頒台北市政府『台北市傑出旅館獎』 獲頒交通部觀光局『優良旅館從業人員獎』獲頒台北市政府『Bilinqual雙語評鑑優秀獎』住宿品質絕對有保障。大同區是台北市的發源地「大稻埕」,轄區內茶行林立,還有著名的「迪化街」南北貨,與古厝建築、傳統市場、夜市,值得您來造訪。我們秉持誠心來接待每一位老顧客與新朋友,您的滿意是我們最大的榮耀。

チェックイン・チェックアウト

通常チェックイン、アウト時間は正午12:00です。
ご宿泊当日の最終チェックイン時間は21:00まで となりますが、事前にお知らせいただければ延長いたします。ご予約時にコメントを付けていただければ、深夜チェックインも承ります。

宿泊予約

宿泊予約の方はこちらからどうぞ
空室状況を確認後、折り返しメールにてご連絡申し上げます。お問合せ・メールは日本語でどうぞ。

台北の歴史

台北の歴史を振り返ってみると、昔から多文化の混在地だったことが分かります。
今までに発見された中で最も古いとされる円山史跡(紀元前5000年)及び芝山岩史跡(紀元前1000-200年)には、先人の史跡と台北「湖」の証が残されており、平埔族のケタガラン族(凱達格蘭族)が、淡水や北投、八里等を拠点にしていたことも分かっています。
最初はスペイン人が基隆から淡水へやって来て紅毛城を築き上げました。間もなくオランダ人が南部から攻め込んできましたが、後に台湾を新たな拠点にしようと大陸から来た明臣の鄭成功がオランダ人勢力を一掃したので、その後中国清朝による台湾統治が始まったのです。
当時最大の港だった万華を通って、泉州人、ショウ(漳)州人や広東人等の中国南方の住民たちが続々と台湾へ開墾にやってきました。現地の平埔族との土地を巡る争いが絶えず、彼らの民族の違いが残された建築様式にも現れています。
台北城は清代光緒時代に完成し、今日我々が目にしている城門は、正に清朝当時のままが残されているのです。
日清戦争が勃発し、台湾が日本に割譲されたことから、日本による統治時代が第二次世界大戦が終結するまで続きました。後に国民政府が台湾にやって来たことで再び大陸色の文化へと染まっていったのです。
昨今では外国人花嫁や外国人労働者が増えたりと、台北の多元文化は今も昔も融和し続けているのです

このサイトはTeaHouseの台北定宿である東呉飯店を紹介するために作成したページです。TeaHouseの取材で作られたものですのでご了承ください。本文など、台湾台北東呉飯店公式HP(繁体中文)より引用しております。
台湾台北東呉飯店の公式HPはこちらより(日本語ページ)どうぞ。

「新禁煙法」施行

2009年1月11日より台湾全土において「新禁煙法」が施行されております。
屋内の禁煙以外に、街中での歩きタバコが禁止となります。 【ホテル】
・客室はすべて禁煙(原則的に喫煙ルームはなくなりました)
・ホテル内の指定された喫煙スペースにてのみ喫煙可
【レストラン】
・店内全面禁煙
【観光地】
・喫煙スペースが設置されている場所のみ喫煙可
※違反をした場合、最高10,000元の罰金が課される場合もございます。