茶壺を使った「椪風茶・東方美人茶」の淹れ方(茶壺編)

東方美人茶は青心烏龍種をメインに作られる「文山系」と青心大冇をメインに作られる「新竹・苗栗系」に分かれます。文山系はお茶の甘みをひきだすように淹れ、新竹・苗栗系は鋭く上がる香りをひきだすように淹れると、個性が良くわかります。

1.茶葉を入れる 2.お湯を注ぐ 3.茶壺から溢れる 4.上からお湯を
茶葉を入れる お湯を注ぐ 茶壺から溢れる 上からお湯を
茶葉を茶壺に入れます。茶葉量は茶壺の半分弱から半分強で好みによって増減させてください。茶葉が多いと香りが強くお茶の味が強くなり、少ないとお茶の甘味が際立ちます。 茶壺に沸騰している状態の熱湯を注ぎます。茶葉の乾燥度合いが強いので、必ず沸騰しているお湯を使い、一気に茶葉に水分を与えます。 茶壺からあふれるように注ぎます。お湯を注ぐと泡が多少出ますが、これを押し流すように一気に注ぎます。 素早くふたを閉め茶壺の上からお湯を思いっきり注ぎます。ちょろちょろかけるのではなく、一気にかけるのがポイント。
5.茶壺から茶海 6.茶海から 7.二煎目 8.茶杯のお茶を
茶壺から茶海 茶海から 二煎目 茶杯のお茶を
約10秒で茶壺から茶海へ移し替えます。このとき茶こしを必ず使ってください。台湾茶は水色も大切にします。このお茶は産毛が多いので濁らないようにします。 茶海から聞香杯、茶杯へ注ぎます。聞香杯にたっぷり注ぐことで香りがよくなります。 二煎目のお湯を注ぎます。このときも必ず熱湯を使用します。 素早くふたを閉めたら聞香杯、茶杯、茶海にある一煎目のお茶を上からかけます。
9.茶壺から茶海 10.茶海から聞香杯 11.茶杯で蓋を 12.逆さに
茶壺から茶海 茶海から聞香杯 茶杯で蓋を 逆さに
約30秒で茶壺のお茶を茶海へ移します。茶こしを忘れないように。 茶海から聞香杯へ注ぎます。量は七分目から八分目です。 聞香杯に茶杯で蓋をします。素早く香りを閉じ込める気持ちで行います。 聞香杯と茶杯を密着させるように持ち、素早く逆さにします。片手でも両手でもやりやすい方法で行います。
13.一度置きましょう 14.聞香杯をそっと 15.しずくを切り 16.聞茶
一度置きましょう 聞香杯をそっと しずくを切り 聞茶
逆さにした茶杯-聞香杯は一度置いて一呼吸待ちます。 聞香杯をそっと引き抜きます。このとき反対の手で茶杯を押さえても良い。 茶杯のふちで聞香杯のしずくを切り、そのまま下をむけたまま鼻元に持ってきます。 お茶の香りを確かめましょう。鼻元で聞香杯を上に向け香りを楽しみます。初めはお茶から立ち上がる香り、次に甘く蜂蜜のような花の香りへ変化します。
17.お茶の味 18.茶葉量 19.茶壺から茶葉を 20.茶底(茶殻)
お茶の味 茶葉量 茶壺から茶葉を 茶底(茶殻)
香りを充分楽しんだあとはお茶を楽しみます。蜜香のする甘い味が特徴。台湾発祥のお茶は「オリエンタルビューティー」と称せられました。 茶葉の量は茶壺のふちまであふれるくらいに膨らみます。茶葉が開ききった状態でここまで膨らめば適量です。茶葉が多過ぎると下のほうが伸びていません。 七煎目ぐらいまでお茶を楽しんだあとは、茶壺から茶底(茶殻)を取り出します。このあと茶壺をきれいに洗浄し熱湯をかけて終了。 新芽が肥大し、二枚目が小さく、三枚目がやや大きいのは良いお茶。対して全体に茶葉が大きいものは水色だけで蜜香があまりありません。