お茶が「お茶」として飲まれるようになったわけ(誕生編)

伝説の世界から
現在、世界中で愛飲されているお茶ですが、その発祥地は中国です。紀元前2700年ごろ、農業の祖といわれる神農(炎帝)が、いろいろな植物を食べ、有益な食物と毒に分けていました。猛毒の植物を食したときの解毒剤として必ず服用していたのが「茶葉」でした。これが「お茶」の始まりと伝承されています。
 神農は漢方薬の祖ともいわれ健康にはとても気をつかっていました。生水は飲まず、いつも「白い花の咲く木の葉」と、一緒に白湯を飲んでいました。神農のおなかは水晶でできており、外からのぞくことができました。すると、この木の葉がおなかの中をぐるぐる回り毒を洗い流している様子が見てとれたそうです。1日72回の毒にあたり、そのたびに茶の葉を用いたという話は有名です。
 このように「お茶」の始まりは嗜好飲料としてではなく、霊薬として飲まれていたのでした。これは西暦紀元前後まで「とても霊力の強い薬」という位置づけで、主に寺院を中心に施されていました。
喫茶文化のはじまり
喫茶の習慣がいつ始まったかについては史実に明らかではありません。史実として残されているものでは、紀元前1000年ころ、「華陽国志」などの文献に登場してきます。
 このときの喫茶の中心は現在の四川省(当時の巴・蜀)でした。この地は現在まで「黒茶」「固形茶」などの古い形のお茶を現在まで伝えている地でもあります。四川省は長く茶樹の原産地とされていましたが、最近の研究では最大の消費地であり、原産地はもっと山奥の雲南省やラオス・ベトナムとの国境付近であったとされています。
 今につながる喫茶文化の直接の幕開けとなったのは、唐(7~10世紀)の茶聖「陸羽」が著した「茶經」です。当時のお茶は、「団茶」といわれる固形茶を焼いて削り、塩・葱・しょうが・みかんの皮などを加えて煮出すというものでした。
 陸羽は「煎茶法」というお茶の淹れ方を提唱し、お茶本来の味を楽しむことを伝えたのです。固形茶を挽いた粉茶を煮出す方法ですが、「水選び」「器選び」にこだわりぬいて、お茶の風味を生かすことを考えました。喫茶をひとつの芸術文化体系として確立させたため、茶經は今に至るまで茶人の聖典となっています。
皇帝のお茶
長く繁栄した唐王朝は、シルクロードや海上交通を通じて東西の文化を収集しました。中国の歴代王朝の中でも文化的に爛熟した王朝といえます。
 「お茶」もこの王朝文化の中に組み込まれ「貢茶」という制度もこの時代に確立されました。「貢茶院」という専門の役所が、中国各地の最上のお茶を製茶し、皇帝に献上するというシステムです。このことが「陸羽」によって基礎を築かれたお茶文化の発展・成熟に拍車をかけました。
 「絹の手袋をした処女が、金のはさみで摘んだ新芽を、金の籠に入れてそのまま皇帝の元へ届けた」という有名な話も、この制度の逸話として語り継がれています。
 「一杯目は喉と唇を潤し、二杯目で孤独を忘れる。三杯目で腹の中を探れば、5千冊の書物が身についてくる。四杯目で軽く汗をかき、日ごろの不満が毛穴から出て行く。五杯目で肌と骨がきれいになり、六杯目で仙人になった心地がする。七杯目では食事も不要となり、ただ両脇を清風が吹き抜けていく・・・」  これは、唐代の詩人が詠んだ詩ですが、これは貢茶の残りの「お茶」を皇帝から特別に賜り、あまりの素晴らしさに感動して詠んだ詩でした。
 こうした貢茶の制度は、現代に至るまで中国のお茶文化に深く根を下ろしており、文化大革命で各地の茗茶生産技術が失われた時でも「大紅袍」などの希少なお茶は、共産党幹部や高級官僚用としてつくり続けられ、その伝統技法を保つことができました。
喫茶文化の広がり
お茶はビタミン・ミネラル豊富な保存食として、肉食中心のモンゴルやチベットなどの遊牧民の食生活に「チャイ」として深く組み込まれていました。それを皇帝や貴族が珍しい嗜好飲料としてもてはやしました。
 唐代に続く宋代(10~13世紀)になると、喫茶の習慣は中国中央部の平原に居住する庶民にまで広がっていきました。この広がりとともに、現在みる茶葉に近い「散茶」が手間のかかる「団茶」に代わる手軽なお茶として広まり始めました。しかしこのときの淹れ方は、相変わらず鍋や釜で煮出す方法でした。
 宮廷では、喫茶法がいっそう多様化・高度化してきました。茶臼でひいた抹茶を茶筅で点てる「点茶法」も、この時代に完成をみました。歴史上有名な「徽宗帝」自らが点茶の大家であり、「大観茶論」という茶書を記していることからも、繁栄がうかがえます。この点茶法が日本に伝わり「茶の湯」の直接ルーツとなりました。
 「闘茶」という、茶産地と品質を飲み分けて、銘柄を当てるというゲームはこの時代に生まれました。闘茶は日本にも鎌倉時代にはいり、室町時代・南北朝時代には日本全国で大流行し、現代にまで至っています。  日本の喫茶文化・茶道の直接の祖となったのは、中国の宋代だったのです。この後、日本では精神論を付加し、独特の発展をとげていくことになります。

お茶が「お茶」として飲まれるようになったわけ(発展編)

ポットで淹れるお茶の誕生
宋に続く元王朝は、もともとお茶を常飲していた遊牧民族王朝であり、実用性は求めていたが、文化としてのお茶にはほとんど興味を示さず、発展もなかった。
 次の明代(14~17世紀)に漢民族が中国中央平野部を取り戻すと、お茶の文化が再び隆盛期に入ります。そして、現代のお茶にとってもっとも大切な発明「茶壺」が工夫・発明されました。
 茶壺、つまり急須のことですが、お茶を手軽においしく淹れるための道具として急速に民衆の支持を集めました。お茶の芽を摘んで乾燥させただけの「散茶」に、熱湯をただ注ぐだけで、おいしいお茶が飲めるようになったことが、これからの発展に大きく寄与します。
 この茶壺が、日本の「急須」、ヨーロッパの「ティーポット」の直接の祖であり、まさに中国のお茶が喫茶のルーツであることの証でもあります。中国では明代末から清代にかけて、景徳鎮から宜興の紫砂陶へと発展をとげていき、現在の「泡茶法」へとつながっていくことになります。
世界にはばたくお茶
明に続く清代(17~20世紀)は、満州民族王朝でした。しかし、お茶に対する愛着はいっそう激しくなりました。清の黄金時代の皇帝「乾隆帝」自らがお茶に関する多くの詩を残し、清代の大茶人といわれております。この時代に喫茶文化は、さらなる発展をとげることになります。
 長く続いた「お茶好き」王朝の影響で、お茶の産地は中国各地に広がり、加工法も多様化していきました。この時代に現在の茶葉分類のお茶が、ほぼすべて出揃うことになります。
 「紅茶」や「青茶」の中でも武夷茶・東方美人などはヨーロッパ人の嗜好にマッチしていたため、瞬く間に東アジアのローカル飲料が、世界の飲料として広がっていきました。生産地も中国からインド・セイロンなどに広がりをみせ始めています。
台湾茶の登場
清代には福建省の武夷茶は世界を代表するお茶として、名声は不動のものになっていました。1661年鄭成功(母は日本人)がオランダ支配の台湾を解放したときに、福建省より移住してきた人々により、台湾における中国茶の歴史が始まります。  台湾は福建省に比べ茶栽培に適した場所が多く、品質の良いものが多く収穫されるようになりました。これが包種茶・凍頂烏龍茶・東方美人などの元祖となって行ったのです。もちろん台湾に自生していた茶樹も多くあり、これらの茶樹からも良質のお茶が生産されました。
 1881年に福建省の茶商が台湾に包種茶工場をつくり量産体制に入ると、台湾のお茶は世界を代表するお茶として大陸をしのぐものとなりました。欧州で烏龍茶といえば「オリエンタルビューティー」と言われるくらい、台湾茶が桧舞台に立ったのです。この後台湾を占領した日本の政策により、「お茶」と「製糖」事業が外貨獲得商品として育てられたのも幸いしました。
 一方、大陸では文化大革命などの混乱により、伝統製茶作業が失われていきました。この頃より高品質のお茶は台湾産が世界をリードする役割を担うことになりました。日本においては1990年代に大手飲料メーカーが大陸産の茶葉を原料として手軽な飲み物を開発したため、一部の好事家が台湾茶を飲むだけとなりました。香りを楽しむ「台湾茶」は携帯用飲料には向かなかったのですね。
 1990年代後半になると、メディアに「茶藝」が登場し始めます。台湾古来の「老人茶」「工夫茶」に日本の茶道をアレンジして作り出したようなものが、いろいろと紹介されています。台湾でも古来からの「茶藝館」に加え、2000年初頭より日本の影響を受けた「茶藝館」が各地に登場するようになりました。  現在お茶の淹れ方は、古来からの「泡茶」と新しい文化「茶藝」によって支えられています。ひとりでも多くの人が、お茶の魅力に気づいてもらえると楽しいですね。