茶壺を使った「文山包種茶」の淹れ方

文山包種茶はさわやかさと花の甘い香り、ここに文山茶らしい青い香りが混在し、世界で一番香りの高いお茶と言われています。お茶の甘みをしっかりと引き出し、香り高いお茶を淹れてみましょう。

1.準備 2.茶壺の準備 3.お湯を沸騰させる 4.茶葉の準備
準備 茶壺の準備 お湯を沸騰させる 茶葉の準備
人数や茶葉にあわせて各道具を選びます 茶船に茶壺をセットします。人数や茶葉にあわせて茶壺を選びます お湯を沸騰させます。自然水と土瓶の組み合わせが、おいしく淹れる名コンビ。電壺やホーロー薬缶もOK。 茶葉を準備します。今回は文山包種茶(一般に清茶と呼ばれるもの)です。このとき茶葉の香り・色艶をたしかめます
5.茶葉を茶壺へ 6.茶葉量の目安 7.熱湯を注ぐ 8.泡が出やすいお茶
茶葉を茶壺へ 茶葉量の目安 熱湯を注ぐ 泡が出ます
茶葉を茶壺に入れます。このとき茶漏や茶杓を使うと上手に入れられます。茶荷に残った茶葉は茶缶に戻します。 茶葉の適量は、茶壺の半分前後、少し多めが美味しいのですが多すぎても茶葉が広がらず逆効果。60%ぐらいが一番扱いやすい。 茶壺に熱湯を注ぎます。沸騰した状態が好ましいので、低い位置からいっきに注ぎます。乾燥した茶葉を一気によみがえらせるために沸騰している状態の熱湯を使いましょう。 熱湯は必ず茶壺の口よりあふれ出るまで注ぎます。大量に泡が出るので、お湯を一気に注ぎながら押し流してしまうのが簡単な方法です。のち、すばやく蓋をし、空気に触れる時間を短くします。
9.保温 10.茶壺から茶海 11.茶器を温める 12.第二煎注水
保温 茶壺から茶海 茶器を温める 第二煎注水
蓋を閉めた後、素早く上から熱湯をかけます。冬季は多めにかけるのがコツ。苦味がでた場合や夏場はかけなくてもOK。また、冬場は厚手の茶船を使うと保温性が高まります。 約10秒後、茶壺から茶海へと注ぎかえします。このとき、茶漉しを使い、茶滓や産毛が茶水に入らないようにすると、水色がすっきりとします。 一煎目の茶水を、茶杯・聞香杯にそそぎます。このとき、茶器が温まると同時に、香りが茶器に残ります。聞香杯に多く注ぐのがコツ。 二煎目も一煎目と同じように一気に熱湯を注ぎます。泡が出たら泡を押し流します。このとき空気に触れる時間を短くするのがポイント。
13.二煎目はお茶を 14.茶葉量の適量 15.茶海から聞香杯 16.茶杯のセッティング
二煎目はお茶をかける 茶葉量の適量 茶海から聞香杯 茶杯のセッティング
二煎目は茶海、茶杯の一煎目のお茶を上からかけます。約20秒で茶壺から茶海へと注ぎかえします。一煎目は茶葉を目覚めさせるためのもの、香りを最大に楽しむための工夫です。 これが茶葉の適量、口までしっかりと茶葉が膨らみ、下のほうの茶葉も広がっています。下の茶葉が広がらないのは多過ぎ、上の茶葉が伸びきって空間があるのは少な過ぎです。 茶海から聞香杯に注ぎます。このとき、聞香杯の七分目から八分目まで入れることが肝心です。聞香杯に茶杯をかぶせ、さかさまにします。決して満タンにしないこと、失礼な行為とされています。 聞香杯-茶杯は片手で逆さにしても、両手でもOK。必ず逆さにした茶杯はテーブル(茶托)において一呼吸待ちましょう。これが香りを高めるポイント。
17.聞茶準備 18.聞茶 19.お茶をいただく 20.茶殻の整理
聞茶準備 聞茶 お茶をいただく 茶殻の整理
出されたお茶は聞香杯を静かに引き抜き、茶杯のふちでしずくを良くきります。聞香杯は下を向けたままにしておきます。上を向けてしまうと香りがかわってしまいます。ご注意を 下を向けたまま静かに聞香杯を鼻元に近づけます。ここで始めて上を向け、お茶の立ち上がる香りを聞きます。そのまましばらくすると、お茶の甘い香りが湧き上がるので、これを聞きます 聞茶後、茶杯を取り上げお茶の味を楽しみます。お茶の種類によって甘味、渋み、苦みがことなり、いろいろな世界が広がります 七煎目くらいまで、抽出時間を徐々に長くしていき楽しめます。楽しんだ後、茶葉を茶鋏を使い水盂に取り出します。茶壺は茶殻を取り出し清掃した後、丁寧に洗い最後に熱湯をかけます。乾いた後、乾燥した手ぬぐいなどで茶壺の表面を磨き手入れします(養壺)