台湾鴻山流清香泡茶師資格認定通信教育講座

台湾鴻山流清香泡茶師

鴻山流泡茶の真髄とは陸羽が系統立てて整理した茶の道に、茶を淹れるもてなしの心を加え、お茶の特徴を見極めその茶葉が持っている味と香りを極限まで引き出すことです。
鴻山流泡茶は、茶葉を生み出す生産者の心を大切に、茶葉と会話をしながらお茶を淹れる茶葉状態を観察し、お茶を淹れる環境(天候、時間、湿度、気温、風量など)を考慮して常に香り高く、甘み渋み苦味のバランスの良いお茶を探求する流派です。第一目標はいかなる条件の下でも自分の味を常に表現できるようになること。最終目標はどのような味、香りのお茶でも淹れ分けできるようになることです。
講座終了後は「鴻山流清香泡茶師」の資格が台湾より付与され、鴻山流泡茶師としての活動が認可されます。

通信教育講座テキスト入口

受講者専用入口 ID・パスワードを入力してテキストにお進みください

第1回:球状茶の基本
台湾を代表する三種類のお茶のうち「球状茶」の基本を茶壺・蓋碗の基本と合わせて学びます。茶葉量や時間、お湯の温度など球状茶に共通する事項を学びます。
第2回:球状茶の品種
台湾茶には数多くの品種が用いられています。良質なお茶が多く作られる「青心烏龍種」、奶香と言われるミルキーな香りが特徴的な「金萱茶」、そのほか「翠玉茶」「四季春茶」「武夷茶」など。これらの違いをお茶を淹れることで学びます。
第3回:球状茶の産地
台湾の茶産地は全国に点在します。特に文山地区、龍泉地区、新竹・苗栗地区、凍頂地区、竹山山系(凍頂山系)、阿里山山系、梨山山系、花蓮地区、台東地区など地区の特徴があります。飲み比べることでわかる違いや共通点を学びます。
第4回:條型茶の基本
條型茶は文山包種茶を代表とする茶葉です。球状茶とは異なる茶葉量や時間を茶壺、蓋碗を使用して学習します。
第5回:條型茶の品種
球状茶と同じく「青心烏龍種」「金萱種」「翠玉種」「四季春種」「武夷種」など飲み比べて違いを覚え、共通点を学びます。
第6回:條型茶の産地
最大産地「坪林」や「石碇」の文山地区の條型茶と桃園の「龍泉茶」との違いや嗜好を学びます。
第7回:椪風茶の基本
椪風茶(東方美人茶)の基本を学びます。標準茶葉量や少なめなど、その場に応じて淹れ分けられるように練習します。
第8回:椪風茶の産地
青心烏龍種から作られる文山地区、青心大冇から作られる新竹・苗栗地区、そのどちらも作っている桃園龍潭地区。産地によってお茶の味と香りがどのように変化するかを学びます。
第9回:鐵観音茶・高焙煎茶の基本
焙煎の強いお茶は、なぜ焙煎を強くかけたのか。これらの疑問と答えをお茶を飲みながら導き出します。
第10回:半球状茶の基本
球状茶でも條型茶でもない半球状のお茶があります。このお茶の特徴を勉強し、最適な淹れ方を探し出します。
第11回:高山茶の基本
阿里山、梨山、凍頂山系、縦谷山系などの標高1000m以上の高山茶や2000m以上の高冷茶について、お茶を飲みながら最適な淹れ方を覚えます。
第12回:聞茶・卒業試験
7種類の茶葉を聞茶し、その品種を答えます。あわせて、その茶葉から得られる情報をいろいろ述べます。全問正解すれば、卒業となります。
参考資料:教室開催レジュメ
資格認定後の台湾鴻山流泡茶教室開催のためのレジュメを公開しています。教室開催時の参考にしてください。

台湾鴻山流泡茶師講師より

美味しいお茶が飲みたい、台湾鴻山流では茶葉の状態を見極めどのような状況においても、戸惑うことなくお茶を淹れる。こんな人材の育成を行っています。自分が学んだスキルを次の人へとバトンタッチするのが台湾鴻山流泡茶師の使命だと考えています。
台湾鴻山流では基本を身につけた人に「初級」、より多くの専門的なスキルを身につけた人に「清香泡茶師」、いついかなるときにも、そのスキルを発揮できるように専門的な知識を身につけた人に「泡茶師」、さらに泡茶師を育成する為のスキルを身につけた人に「泡茶師講師」の資格が与えられています。通信教育を終了された方は「清香泡茶師」の資格が与えられますので、泡茶教室の開催を行うことができます。教室開催などにあたっての相談や、実際の教室見学なども受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。
学習は「楽しく」が一番です。やらなくてはならない、これが一番の曲者。「頑張らず」に「自分らしさ」を前面に出し、楽しく学習しましょう。

サンプルバナー

TeaHouseトップページ
中華民國国旗

通信教育講座テキスト

第一期通信教育テキスト

  • 第一期受講者復習用入口
  • 第1回:球状茶の基本を繰り返し学習
  • 第2回:球状茶で茶葉の代表的品種による味、香りの違いを学習
  • 第3回:球状茶(青心烏龍種)の産地による味、香りの違いを学習
  • 第4回:線状茶(文山包種茶)の基本を繰り返し学習
  • 第5回:文山包種茶で茶葉の代表的品種による味、香りの違いを学習
  • 第6回:東方美人の基本を繰り返し学習
  • 第7回:東方美人の産地による味、香りの違いを学習
  • 第8回:ジャスミン茶の基本を繰り返し学習
  • 第9回:黄茶・白茶の基本を繰り返し学習
  • 第10回:中国緑茶の基本を繰り返し学習
  • 第11回:プアール茶の基本を繰り返し学習
  • 第12回:鐵観音茶・高焙煎茶の基本を繰り返し学習