茶様子における蓋碗での試飲「林桓渝」茶師

2010年6月、茶様子において林桓渝茶師が蓋碗を使ってお茶を淹れてくれました。

試飲にはいろいろな方法があります。一番多いのは検茶杯組を使用する正式な方法。蓋碗を使って実践的な味と香りを確かめる方法。茶壺を使って同じように実践的な味と香りを確かめる方法。があります。
林桓渝茶師は茶葉改良場における評茶師訓練で優秀な成績を収めて特別表彰、その技術は確かなものです。

茶様子TOPページへ戻る