凍頂烏龍茶TV取材(CCTV4)と老茶樹

凍頂烏龍茶に関するTV取材が行われました

西暦1846年、鹿谷郷より林鳳池が科挙に参加しました。当時の林鳳池は貧乏で渡航費用がありませんでしたが、「茶様子」主人「林桓渝」の祖先である林三顯が資金提供をしました。見事、林鳳池は科挙に合格し故郷に錦を飾りました。この時、林三顯の恩に報いるため、武夷山より36株の茶樹を持ち帰り、12株を林三顯へ贈りました。凍頂山で栽培された茶樹は気候、土壌があったのか生育が良く、定着しました。そのほかの24株は生育に失敗したので、この時に持ち帰った株は林三顯が育てている株のみとなりました。
瞬く間にこの茶樹が凍頂一帯で栽培されるようになり大規模農茶園が各地にできました。林桓渝の父、林火城が100年以上の経験を受け継ぎ、その知識と経験を林桓渝が7代目(林家11代目)として受け継いでおります。現在、当時の茶樹がひと株、そのままの状態で製茶場横の茶園に現存しています。

茶様子TOPページへ戻る