南投縣鹿谷鄉彰雅村凍頂巷「茶様子」

「林桓渝」は凍頂茶を生み出し伝承する7代目茶師

茶樣子「林桓渝」は凍頂茶を生み出し伝承する7代目茶師

西暦1846年、鹿谷郷より林鳳池が科挙に参加しました。当時の林鳳池は貧乏で渡航費用がありませんでしたが、「茶様子」主人「林桓渝」の祖先である林三顯が資金提供をしました。見事、林鳳池は科挙に合格し故郷に錦を飾りました。この時、林三顯の恩に報いるため、武夷山より36株の茶樹を持ち帰り、12株を林三顯へ贈りました。凍頂山で栽培された茶樹は気候、土壌があったのか生育が良く、定着しました。そのほかの24株は生育に失敗したので、この時に持ち帰った株は林三顯が育てている株のみとなりました。
瞬く間にこの茶樹が凍頂一帯で栽培されるようになり大規模農茶園が各地にできました。林桓渝の父、林火城が100年以上の経験を受け継ぎ、その知識と経験を林桓渝が7代目(林家11代目)茶師として受け継いでおります。現在、当時の茶樹がひと株、そのままの状態で製茶場横の茶園に現存しています。

清道光年間(約西元1846年),鹿谷舉人林鳳池欲往福建參加科舉考試, 無奈缺乏川資不能成行。我祖先林三顯,見他有志難伸,於是助他旅行 的盤纏,林鳳池果真不負眾望,一舉成功。為了報答林三顯的恩德,特 到武夷山帶回三十六株烏龍茶苗,其中十二株贈給凍頂山的林三顯,因 其地質排水良好,氣候適宜,茶樹漸漸栽種成大規模的茶園,而有成名 的鹿谷凍頂茶。目前由我父親林火城繼續以茶為業,已有百年以上之經 驗傳承。
林鳳池舉人贈與我祖先林三顯十二株茶苗,茶樣子有限公司為林三顯第 七世傳人。

茶様子の歴史

「林桓渝」は凍頂茶を生み出し伝承する7代目茶師

中山茶廠は民國30年(1941年)に鹿谷郷凍頂山にて林火城によって設立されました。林家は歴代、茶を生業とし100年以上の経験と知識を蓄積しています。民國67年(1978年)に叔父林光演が農會総幹事に就任して、凍頂烏龍茶は台湾で最高のお茶として認識されるようになりました。
民國85年(1996年)に林家11代目林桓渝が汐止市に直営店を開業、中山茶業公司を設立しました。民國93年9月(2004年)に茶様子として新装、台湾高山茶・凍頂烏龍茶の専売となりました。

中山茶廠設立於民國三十年,位於鹿谷的凍頂山,主人林火城為中山茶 廠之創始祖,林家歷代以茶為業,迄今已有百年以上之經驗傳承,加上 叔公林光演先生擔任農會總幹事的推廣,凍頂烏龍茶於是在民國六十七 年到達顛峰,為台灣茶的推廣盡一已之力。
民國85年11月由第十一世林桓渝先生,北上在汐止地區成立第一家門市 中山茶業公司( 參閱圖二 )。民國九十三年九月以嶄新的風貌台灣茶樣子 擴大服務消費者,結合茶飲、冰品及純正台灣高山茶的專賣,開啟茶業 的新紀元。

茶様子の経営理念

「林桓渝」は凍頂茶を生み出し伝承する7代目茶師
  1. 100%台灣茶,100%原產地茶。台湾産、原産地茶葉100%を保証します。産地偽装はしません。
  2. 茶葉價錢產地價,絕對物超所值。産地価格で提供し、品質以上の価格はつけません。
  3. 不加香料及人工色素。人工香料や色素、調味料などを加えることは絶対にしません。

茶様子では自家生産した厳選茶葉のみ取り扱いしております。台湾茶の歴史を作り上げた一族の子孫として、台湾茶に誇りを持ち、確かな技術で美味しいお茶に仕上げています。
最近多く見かけられるような産地を偽装して名前をつけたり、茶葉に香料や着色料を使いきれいに見せることや、うまみ調味料などを使い甘みを出すようなことは決してありません。
台湾茶は日常的に飲まれるお茶です。飲む人の健康を考えて、お茶作りを行うのは茶師の誇りです。

このホームページで使用している写真、文章などに関して著作権は管理人に属しており、管理人に無断で使用することは固くお断りいたします。著作権に関するお問い合わせはメールフォームよりお願いします。